Blog&column
ブログ・コラム

筋トレに効果的な腹筋メニュー

query_builder 2021/11/15
コラム
abdominal-1203881_1920
お腹の周りの脂肪はなかなか落ちないし、頑張っても腹筋は割れないですよね?
そこで今回は腹筋に効果的な腹筋メニューをご紹介します。
▼腹筋を割るトレーニング
■クランチ(脚上げ)
仰向けに寝転んで膝と股関節を90度になるように脚をあげます。
息を吐きながらみぞおち部分を中点に上体を起こします。
手は頭の後ろに添えるか、前で構えゆるく拳を握りしめておきましょう。
鍛えられる部位は、腹筋の上部です。
腹筋の上部と下部に分けて行うことで、腹筋全体を効率よく鍛えられます。

■レッグレイズ
初心者からベテランまでが幅広く行っているオーソドックスなやり方です。
仰向けに寝転んで腕で床をおさえて身体を安定させましょう。
そして、膝を伸ばした状態のままゆっくりと脚を上下させます。
息を吐きながら床と脚が垂直になるまで脚をあげます。
腹筋をよりよく効果的にするには、骨盤を肋骨に引き寄せることが大切です。

■リバースクランチ
通常のクランチと異なり、脚をあげて行うやり方です。
お尻を持ち上げて骨盤を巻くように動かずのがポイントとなります。
この動きをすることで腹筋の下部へ刺激を与えらます。

■フロントブリッジ
床にうつぶせになり、腕を肩幅まで広げ肘から先を床につけ90度にし上半身を浮かせましょう。
またつま先で立つようにし下半身も浮かせます。
上半身と下半身が一直線になるようにし、そのまま30秒から1分体勢をキープしましょう。

■ドローイング
畳んだタオルを2枚用意し、仰向けに寝転んで膝を曲げます。
腰の下に畳んだタオルを1枚挟み、おへその上に畳んだタオルを1枚おきましょう。
手の平を天井に向けて腕全体を床につけます。
息をゆっくり吐き10秒間お腹をキープし、ゆっくりとお腹をもとの状態へと戻します。

これらの筋トレメニューでキレイな腹筋を手に入れましょう。

NEW

  • 年末年始営業のお知らせ

    query_builder 2020/12/08
  • 毎日筋トレしても大丈夫?効果的な頻度とは

    query_builder 2021/12/01
  • 筋トレに効果的な腹筋メニュー

    query_builder 2021/11/15
  • 初心者の理想的な筋トレについて

    query_builder 2021/11/01
  • 筋トレ中でもアルコールOK?正解は?

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE